こども時代の「体験」が成長に及ぼす効果とは・・・

小学生の頃に体験活動や読書、お手伝いを多くしていたこどもは、家庭の環境に関わらず、

高校生になって自尊感情や外交性、精神的な回復力といった項目の得点が高くなる傾向にあることgあ

​文部科学省が2021年発表した調査結果より明らかになった。

体験活動等を通じた青少年自立支援プロジェクトの

調査報告ページはこちら↓

​在宅で「料理手伝い・動画視聴」増加、親は運動不足心配

3歳〜5歳のこどもをもつ母親を対象に「家での過ごし方」に関する調査を実施。こどもの在宅時間が

​増えたことで、「料理の手伝い」や「動画配信サービス」の利用が増えていることが明らかになった。

家での過ごし方についての調査報告ページはこちら↓